2018年9月20日木曜日

NIAGARA

今週末はtwelvebooksさんからAlec Sothの「NIAGARA」が発売致します。
ロードトリップ写真集なので、ロバートフランクお好きな方は好みかもしれないですね。


アレックソスは国際的写真家集団のマグナムフォトに正会員として
登録されているアメリカ人フォトグラファー。

路上に出て旅をしながら撮る、ロードトリップ写真がアメリカでは伝統的なスタイルとして確立されています。
アレックソスもその一人で、初写真集「SLEEPING BY THE MISSISSIPP」は
2004年に刊行され、反響も多く初刊は10万のプレミアがつくほどだったそうで、
2017年にMACKから復刻版が出版されています。

「SLEEPING BY THE MISSISSIPP」はミシシッピ川を題材にしていながらも、
直接的にミシシッピ川を撮影しているものはあまり多くなく、
ミシシッピをメタファーとして捉えた写真集となっています。

こちらの「NIAGARA」もナイアガラの滝を撮影したものももちろん含まれていますが
ナイアガラ周辺のモーテルや新婚夫婦やカップルなども被写体として捉えていて
作中に登場するラブレターは十代の片思い、職場恋愛、失恋、自殺などそれぞれの被写体のエピソードとして綴られています。




ロードトリップ写真にはセンチメンタルな感情が織り込まれていると感じることが多くありますが
それも写真を媒介してのひとつの楽しみかただと思います。
その場その場の空気感が詰め込まれた写真にはやはり惹かれるものがあり
私にとって写真を見る上での楽しみの一つです。

アレックソスがインタビューで共感した写真家としてあげていたのが
日本人写真家、深瀬昌久さん。
写真集『The Solitude of Ravens』を見て、なんだこれは!と衝撃を受けたとのこと。
ありがたいことにSisterでも深瀬昌久さんの作品はいくつかお取り扱いしておりますので
こちらも是非合わせてご覧いただけますと嬉しいです。

CHAKI





2018年9月19日水曜日

Leather ruffle shoulder bag

5wayは完売となりましたが、こちらのLeather ruffleの方はまだ少しご用意ございます!


SHIRT/TOGA PULLA




こちらのバッグはガラスコーティングでツヤ出しされているので
エナメルのような光沢です。
大きなハトメがアクセントになっていて存在感抜群。
デザイナーズと合わせると凄く綺麗なコーディネートに。
こちらもたっぷり入りますので嬉しいサイズ感。




TOGAのシャツドレスは深めのスリットが入ってるので
パンツとの組み合わせをおすすめします。
袖の切り返しもかわいい。

CHAKI


2018年9月18日火曜日

直島

3日目には小豆島のホテルチェックアウトして直島へ!

オリーブ公園いきたかったけどバスの時間が微妙でフェリーに間に合いそうにないので断念。
あきらめてエンジェルロードに。

丁度干潮の時刻だったのでいい写真が撮れました!


滞在時間短めでささっと写真撮って渡って退散。

その後は姉と合流して一旦高松でうどんを食して直島へ。



悠美さんに香川のうどんはどこの食べても美味しいよと言われてたんですが
本当でした!おいしかった~

直島の一番の目当て直島銭湯「I ♡ 湯」
私にとってはここに行きたくて直島に来たようなもの。






最高すぎて1日で3回は目の前通りました。



夜は銭湯入ってグッズのタオルとTシャツも買ってラムネも頂くという。
完全なるいいカモです。。
漁港で頂くラムネおいしさもひとしお。












直島に来たらこれは撮らないと怒られてしまいそうな草間彌生の南瓜。
もはや義務感で撮ってしまう。

時間がなくて、途中で雨も降ってきてしまって
結局行けなかったベネッセハウス周辺、、それだけがほんと悔やまれる、、

でもでも本当にいい旅でした。
島の人もみんなあったかくて、閉店時間すぎてるのにお店開けてくれたり
交通の足がなくて諦めようとしたら送ってくれるホテルの人、
散歩がてら夜道歩いてたら送りましょうかと車で声かけてくれる女性もいて
本当に優しい人たちで溢れていました。
都会の喧騒から離れてリラックスできた4日間でした。

また絶対行きたい香川。次は違う島を攻めます。



~完~

CHAKI

初香川と豊島

先日は4日間もお休みを頂いて香川に旅行に行ってきました。

Sister x PORTER発売最中に旅行に行ってたもんで
帰ってきて出勤してみたら5wayがもう両色完売という、、泣
ありがたいです!皆さま本当にありがとうございます!

そんなこんなで5wayが店頭に並んでいるところは見れなかったのですが、
自分は一足お先に5wayのBLACKを携えて旅行に行ってきたわけです。




香川では島めぐりをしてきました。
日程の途中まで一人旅だったので自由気ままにぶらぶら。
アート作品メインに行ってきたんですが、金曜に行ったらやってないところが多く、、
見たかった作品を断念せざるを得ない状況に。
それが本当に心残り!あとオリーブ牛食べれなかったこととオリーブグラッセ買えなかったことです。
(結構心残りあるじゃん!笑)
でもうどんは2回も食べたので満足です。

2日間小豆島に滞在してその次は直島に宿泊。
滞在中ほとんど雨か曇りで行動が制限されてしまって悲しかった、、
でも、豊島は展示がほとんど閉まってたので徒歩とバスで全然回れました。
時間が有り余って制覇できたし、、笑





クリスチャンボルタンスキーの心臓音のアーカイブ。
新潟にもあるんですが、ここは個室になっていてより落ち着く。
世界中の人の心臓音がランダムに流れてきます。
暗室の中央に電球がぶら下がっていて心臓の音と一緒に点滅します。
外のモニターには今誰の音が流れているのか名前、日付、録音場所が表示されます。

ここでも自分の心臓音を録音でき、作品に参加できるようになっています。
PCで検索をかけてヘッドホンでひとりひとりの心臓音を聴けます。
そこに登録者のコメントが掲載されるんですが
ワードセンスが卓越している方が多く、私こんなかっこいいこと言えないな、、と思って
登録するのは遠慮しました、、




豊島美術館(画像はwebより)
本当に素晴らしすぎて。圧巻でした。
正直ここは事前リサーチ全然してなかったので
どんなものかあまり分からずとりあえず時間があったので入場したんですが
創造より遥か上をいく素晴らしさでした。
自然に溶け込んでゆったりと時間を感じました。




!?!?笑




カップルで行ったら楽しい「檸檬ホテル」
一人で鑑賞したので「ほほ(頬)檸檬」出来なくて一人でテレビジョンごっこしました。



横尾忠則の作品が見れる「豊島横尾館」
ここも凄く好きだったところ。
さすが滝狂の横尾忠則。滝関連多かったなあと。

その後は全部見終わってしまったのでフェリー乗り場の近くで
猫が15匹ほどいましたので戯れタイム。
かわいすぎる。



か、かわいい。。
遠目からベンチの置物にしか見えなくて動いたときは驚きました。
もふもふして癒されてホテルに帰りました~

やっていなくて見れなかった作品はまた来年にでも行けたらいいな~

CHAKI

2018年9月12日水曜日

RED x BLUE

今日は5wayのREDを。








赤髪に赤バッグ。。存在感抜群な感じになってますが、結構好きです。
黒髪に赤リップでこれを持っても映えて凄い素敵です。
あとはシンプルなお洋服のアクセントにももってこいなので
白Tデニムみたいなカジュアルなコーディネートでも。



こちらはタグもオールRED。
この統一感、さりげなく主張しないところが好きポイントです。





BLACK WEIRDOSの自警団トップス。
胸元の「元カノの気持ちくらいキンキンにビール冷えてます」プリント。
シュールでじわじわ来ます。笑


USED&VINTAGEアクセサリーも徐々に少なくなってきています。
お早めに。

Sister x PORTERのバッグ気になるお客様は、
発売日前にご来店またはお問い合わせをおすすめいたします。

CHAKI